バレンタインのディナーは女性がおごる?支払いは男性、どっちだ?

バレンタインといえば女性から男性にチョコレートを贈る文化が日本ではすっかり定着していますね。

チョコレートが苦手という方もいるので、最近では代わりとなるスイーツやちょっとした小物をプレゼントすることも多いようです。

さて、まだお付き合いを始める前の二人であればプレゼントと一緒に気持ちを伝えてひと段落といったところですが、すでに交際しているカップルであればデートやディナーに出かけているという場面も多いですよね。

ここでひとつ問題が発生します。デートやディナーのお支払いは一体どのようになるのでしょうか。

チョコレートを贈る側である女性がおごるのが一般的でしょうか?それとも、男性が出すというカップルのほうが多いのでしょうか?

今回はバレンタインのディナーをどちらかがおごるのか?支払いはどうするのか?という疑問をテーマに記事を書きました。

参考になれば幸いです!

バレンタインディナーは男性がおごるの?価値観はカップルによって千差万別?

ネットで検索すると同様の疑問を抱いている方はいらっしゃいます。
チョコに加えてちょっとしたプレゼントを用意している方もいるので、その上ディナーまでおごるとなると結構な出費になってしまいますよね。

バレンタイン事情に関するアンケート結果を確認できるサイトがあったので記載しておきます。

こちらによると、女性が全額出す(おごる)という回答が多くなっていますね。普段は男性がデート代を負担しているという方でも「バレンタインくらいは自分が出したい」という意見があります。

確かに、世間的に男性が女性に奢ってもらえるイベントはバレンタインくらいしかないかもしれません。他に思い浮かぶのは誕生日や父の日くらいでしょうか。

バレンタインは男性が女性におごって貰える希少なチャンス

普段おごられる機会が少ない男性からすると希少なチャンスなのかもしれませんね。
逆に女性からすると、相手を労ういい機会かもしれません。

男性に奢られてばかりいるのが心苦しいという女性は結構多いので、女性が「払うよ」と言ってくれるのであれば男性は甘えても良さそうです。

ただし、女性側の意見も一枚岩ではありません。「デート代は男が出すのが当たり前」という方もいますし、前述のようにチョコとプレゼントで手一杯という方もいらっしゃいます。

男性としては 自分がおごるつもりでいたほうが当日の雰囲気が良くなりそうですね。

日本男児たるもの「チョコレートよりもデート代の方が高くつく」なんて 無粋な事は言わないように!!!

日本のバレンタインの曖昧さ

バレンタインに親しい人にプレゼントを贈るという習慣は外国でもあります。
ただし、

  • チョコレートを贈る
  • 女性が贈る
  • 女性からの愛情表明の機会

といった特徴は日本独自のものです。

3月14日には男性が返礼をするホワイトデーがありますが、これも商業的な営利目的に設定されたといわれています。独自の文化を築いているのですが、あまり研究されていない点がバレンタインの曖昧さに拍車をかけているのかもしれません。

歴史に基づけば「カップルが愛を誓う日」となります。バレンタインは世界各地にありますが、日本とはずいぶん雰囲気が違いますね。本来の意味からするとカップルが互いに相手を尊重する日です。

これに対して日本では女性が男性に贈り物をするという文化が定着していて、それがさらに拡大解釈されている部分もあるようです。

筆者個人的にはあまり多くはないと思っていますが、チョコだけでなく、デートやディナーも女性が負担するものだと考える男性もいます。
とはいえ、日本独自の文化と海外の習慣を照らし合わせても、女性がディナーまでおごるというのは一般的ではないですね。

バレンタインのディナーは女性がおごる?【まとめ】

ということで今回はバレンタインのディナー事情について調べてみました。

中には普段男性におごられている代わりに女性が出すという意見もありますが、そういった意見が極端に大きくなっているわけではなさそうです。

日本の習慣を考えても、普段通り男性におごられて負い目に感じる必要はないと思います。

もちろん「少し多めに出してあげたい」とか「おごってあげたい」という女性の意見も尊重されるべきです。男性側はそのあたりの気持ちも汲み取ってあげると楽しいディナーを過ごせそうですね!

今回の記事が皆様の参考になれば嬉しく思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください