ウエディングドレスの赤色の意味とは?似合う人や髪型をプランナー目線で教えます!

ご結婚、おめでとうございます。

私はウエディングプランナーとして、多くのご新郎ご新婦様のご結婚式のお手伝いをしてきました。

当日結婚式で着るウエディングドレスやカラードレス等の衣装は、どのお嫁さまも気になりますよね!

こんな衣装が着たいな♡と漠然に思っている方も多いのではないでしょうか?

でも着たことがないドレスって、どんな形がにあうんだろう?どんな髪型がにあう?ブーケは?などわからないことだらけ。

本日はカラードレスで人気の赤のウエディングドレスについてプランナー目線でご新婦様の衣装やにあう髪型等についてご紹介致します。

スポンサードリンク

そもそもウエディングドレスの意味って?

ウエディングドレスは純白ということは誰もがイメージしやすいと思いますが、実際、どんな意味を持っているのか知らずに着ている方も実際は多いんです。

『白』には『純白・無垢・純真』という意味が込められていて、花嫁の純潔さ、純真無垢なイメージの象徴なんです。

だから白のウエディングドレスは純白であり、結婚式で人生の新たなスタートをする花嫁さまが着るようになりました。

ウエディングドレスの赤の意味は?

まず『赤』は『情熱』『エネルギッシュ』という意味があります。

白のウエディングドレスからお色直しをした後に赤のカラードレスを着られるとイメージはガラッと変わり、会場が明るくなり、ゲストの皆様も華やかな気持ちになることも多いと思います。

赤のウエディングドレスがにあう人って?

ご衣装合わせの前から、そしてなによりブライダルフェアに来られた時点で昔からカラードレスは絶対に赤に決めている!という方も実際は多いんです。

赤のカラードレスが可愛いのがありそうだったから結婚式場見学に来ました!という方も。

プランナー目線から言うと赤のウエディングドレスがにあう人は、まず顔立ちがはっきりしている方

そして大人っぽいメイクがにあう方が赤のウエディングドレスがにあっている印象です。

赤の色がはっきりしているため、そのドレスに負けない『華やかさ』を持たれている方が、やはりカッコよく赤のウエディングドレスを着こなされています。

赤のウエディングドレスにあう髪型は?

華やかでカッコいい雰囲気にしたいという方は、髪型をダウンスタイルではなく、アップスタイルにされる方が多いです。

ダウンスタイルだと可愛いイメージになってしまい、全体的なイメージが合わないと思われる方にはアップスタイル、ハーフアップスタイルが人気です。

数年前まではリーゼントスタイルやバシっと髪型を決めるスタイルが流行っていましたが、現在はナチュラルテイストが流行っていることもあり、そこまでキメキメではないけど、アップスタイルでキレイ目にまとめたい!という方が多いです。

ただ、挙式のウエディングドレスのときにアップスタイルにされている方は正直とても多いです。

その時と雰囲気を変えたいからとダウンスタイルにされる方も、もちろんいらっしゃいます。

その時にはヘアアクセサリーをシルバーのかっこいい形のものを付けたり、赤の装飾をすることで全体的にかっこよくまとまるので、そこで調整される方も。

白のウエディングドレス時からカラードレス時の髪型を変えられる方って90%以上はいらっしゃるので、髪型の雰囲気を変えるためにダウンスタイルもありですよ!

赤のウエディングドレスがにあうブーケって?

やはり赤のブーケが抜群ににあいます。

ただ、赤のウエディングドレスと被ってしまうのが嫌だなーと言われる方は、葉っぱを多めに入れたグリーンをしっかり見せるブーケや、茶色やベージュを使ったアースカラーのナチュラルブーケもにあいます。

ブーケの形でいうとエレガントな雰囲気にしたい方は流れるようなキャスケードブーケ、少し可愛いらしい雰囲気も入れたい方は丸みのあるラウンドブーケ、ナチュラルな雰囲気が良い方は茎を束ねたクラッチブーケがオススメです。

スポンサードリンク

ウエディングドレスの赤色の意味とは?【まとめ】

赤のウエディングドレスがにあう方は、そのドレスに負けない『華やかさ』を持たれている方、『カッコいい雰囲気』や『はっきりとした顔立ち』を持たれている方が、やはりカッコよく赤のウエディングドレスを着こなされています。

髪型もアップスタイルにするとなおカッコよさが際立ち、ゲストの皆様も華やかな気持ちになること間違いなし。

ブーケは赤のウエディングドレスを引き立てる赤色ベースで、なりたい雰囲気によってブーケの形を選ばれることをおススメします。

赤のウエディングドレスと言っても形も色もさまざま。ぜひ、ご衣装合わせでご自身にピッタリの運命の一着に出会うために、たくさん試着してみてくださいね。