結婚式の招待状返信ハガキ【出し忘れ】【書き間違え】対処法を紹介!

結婚式の招待状、出し忘れって意外に多いもの。
私自身の結婚式、結構な数の返信ハガキが期限過ぎて届きました。

出し忘れにもそれぞれ理由はあるもの。
仕事に追われてつい…。
カバンに入れっぱなしでつい…。
他の郵便物に紛れていてつい…。

中には返信ハガキを書き間違えてしまって、困っているうちに期限が過ぎた…なんて人も。

返信ハガキの出し忘れに気づいた時の、全身血の気がサーっと引いていくあの感じ。



ただの出し忘れでも焦るのに、ましてや結婚式。
その焦り…手に取るようによーくわかります。

でもそれはみんな忘れた側の言い訳。

新郎新婦は首を長くして待っています。
「出席と伝えてあるし、ま、いいか」なんて考えてはダメですよ。

期限を守れないなんて大きなマナー違反。
気づいた時点ですぐに謝るべきです。

書き間違えた返信ハガキは、悩んでないで直して早めにポストへ。
出し忘れた時、書き間違えた時の対処法をご紹介します。


出席予定の返信ハガキの出し忘れの時の対処法

返信ハガキは最終的な人数確認と招待客の氏名、住所を知るために必要なもの。

とにかく気づいた時に、新郎新婦に連絡をしてください。
言い訳はいっさいなしで心からおわびを言うこと。
そして改めて出席を知らせることが大事です。

人間なのでうっかりミスは誰でもあるもの。
困っていないで急いで連絡しましょう。

言いづらいからって、ラインやメールではダメですよ。
結婚式前で忙しいであろう新郎新婦。
すぐには読まれない場合もありますから。

何度か電話しても出ないのであれば留守電に。
留守電機能がついていなければラインやメールでメッセージを送っておきましょう。
着信履歴であなたから電話がきたことはわかりますから。

そしてすぐに返信ハガキを出してください。

返信ハガキが届かないのなら、相手側に催促の連絡をしてほしいところ。
でも、先に出席であることを伝えてあるならそのつもりで催促しなかったのかも。

結婚式の招待状は、受け取った時点でほぼ出席とみなすものなので。だからといって催促がこなかったことは責められませんよ。

結婚式の返信ハガキはきちんと返すのがマナー。
忘れていたあなたのミスですから。




欠席の時の対処法は?

もっと困るのは欠席の場合。
返信ハガキが届かなければ、相手側は出席として準備を始めます。

対処法としては、出席の時と同じ。
とにかく気づいた時点ですぐに連絡。
出し忘れたことへのおわびと、残念ながら欠席であることを伝えましょう。

不幸な用事や忙しいなどの理由なら正直に伝えないように。
「都合が合わない」などの理由で濁してくださいね。

そして誠心誠意、心からのおわびをしましょう。

出し忘れに気づいたのが結婚式の1、2週間前。
それまでならギリギリ引き出物や料理などのキャンセルができます。でも、キャンセルできるから良いというわけではありません。

テーブルの席はもう組まれている後。
席の組み直しなど、新郎新婦に余計な負担をかけることになりますから。

この時期に欠席を伝えるなら当日は祝電を送ってください。
ご祝儀は包む予定だった額の半分ほどを、後日新郎新婦に渡しましょう。

前日や当日に欠席ハガキの出し忘れに気づくなんて、絶対あってはならないこと。

とにかく連絡!と思いがち。
前日、ましてや当日の新郎新婦への連絡は遠慮するべき。
会場に連絡して、新郎新婦の担当の方から伝えてもらうのがベスト。

祝電はもちろん、後日おわびの連絡と包むであろう全額のご祝儀を。



書き間違えてもあわてない対処法

書き間違えてはいけないと思うものほど書き損じてしまうもの。
年賀状や履歴書もそうですが、それらは替えがあります。
結婚式の返信ハガキはそうはいきません。

書き間違えてつい後回しにして出し忘れても困りもの。
早く対処して出し忘れはどないようにしたいですね。

修正方法としては

  • 修正液、修正テープ
  • 二重線を引く
  • 砂消しゴム
  • シールを貼る
  • 代わりの返信ハガキを用意する
などでしょうか。

確実に言えることは、結局何を使っても修正はバレてしまうということ。
なら、しっかり修正しておきましょう。

私の勝手なイメージですが、修正液やテープは塗りつぶす、ふさぐのでお祝いに向かない気がします。

シールも親しい友人ならいいかもしれませんが、少し子どもっぽいような。
砂消しゴムは消すのに失敗したらもっと悲惨なことになりかねない。

思い切って代わりの返信ハガキを用意してもいいですね。
その時は必ず新郎新婦に連絡をしてOKをもらうこと。

招待状用の返信ハガキも売っています。
でも、できるだけ早く出すなら普通の官製ハガキでも大丈夫ですよ。

私のおすすめの修正方法は二重線。
その右横に赤色のペンで「寿」と書きます。
訂正印の結婚式バージョンのようなもの。

どうせ間違えたことはバレるので赤色でおめでたく。
黒文字ばかりの中で赤の寿は映えますよ。

もちろんどんな形で修正したにせよ、裏面の空きスペースに間違えたおわびを添えましょう。

結婚式の招待状返信ハガキ出し忘れ・書き間違えの対処法【まとめ】

招待状の返信ハガキ。
出し忘れに気づいたらとにかく早い連絡を。

出し忘れた時期にもよりますが、連絡をして出欠席を伝えてハガキを出すことが大事。
出し忘れはあなたのミス。
心からあやまりましょう。

出し忘れしそうな人は、届いたらすぐ返事を書いてポストへ。
通勤や買い物ついでに出そうとすると忘れやすい。
なので、ポストに入れるまで気を抜かないようにするしかありません。
私はまさにそれです。

書き間違えた返信ハガキは、修正しても失礼にあたりません。
どうしようと迷っているうちに期限が過ぎてしまう方が問題。
あなたの出来そうな修正方法で直して早めに返信しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください