ホワイトデーのお返しが遅れる場合もこの方法で女子たちもニッコリ!

3月14日のホワイトデー。頭では分かっているつもりでも、ついつい忙しさにかまけて準備するのを忘れてしまったり、用意したもののタイミングを逃して渡すことが出来なかったり…。と、こういったことは起こってしまいがちです。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そこで!今回の記事テーマはこちら、「ホワイトデーのお返しが遅れる場合のフォロー方法」です。

お返しが遅れてしまったときに、渡すタイミングはどうするか、ギフト選びはどうするか、渡す際の声掛けはどうするか、などなど…。

お相手をガッカリさせないためのフォロー方法をまとめてご紹介していますので、ぜひとも最後までお付き合いくださいね!

いつまでに渡せば良い?遅れる場合のホワイトデーのお返し

まずはホワイトデーのお返しをする上で「渡すのにふさわしい適正時期」を考えてみます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そもそもホワイトデーのお返しをいつ渡すのが良いか、といえばもちろん「当日に手渡す」のがベスト。次いで良いのは「当日を待たず前もって渡しておく」です。

それではすでに遅れてしまった場合、あるいは遅れることが分かっている場合には…そもそもお返しはすべきなのでしょうか?

これに対する答えは「お返しは遅れてもするべき」です!

お相手がお返しを期待していなかったとしても、返さないよりはずっと喜ばれる選択となるでしょう。

また、遅れる場合「いつまでにお返しをすれば良いか」という問題に関して言えば…。こちらは特にいつまでという決まりはありません。しかし当然ながら…いくら会う機会の少ないお相手でも、数か月を待ってお返しをしたところで「何を今さら」感が漂うだけですね。

重要なのはお相手にこちらの誠意が伝わるかどうかですので、「○○日までなら遅れても大丈夫だろう」でなく「出来るだけ早くお返ししよう」というきちんとした心持ちで用意をすることが大事です。

強いて具体的な日付の話をするなら…普段から顔を合わす間柄であれば2・3日遅れまでなら許容範囲、休日を挟んだとして1週間以内には渡したい、といったところでしょうか。その他、遠方の親しいお相手であればギフトの郵送を考えるなど、あなたの出来る範囲で渡せる日を遅らせないように努力しましょう。

どうする?ホワイトデーが過ぎてしまってからのギフト選び

ホワイトデーが終わると、大抵お店からは関連アイテムが撤去されてしまいます。そうなるとギフト選びも困難になってしまうので、渡すのが遅れる可能性があるような場合は前もって早め早めにギフトを購入しておくのが定石。

が、どうしても間に合わなかった、購入出来なかった…という場合はどうすれば良いのでしょう?

「コンビニ等の近場で売れ残りを漁る?」…のは残念ながらNG。

慌てて適当に購入したことが分かるもの、は女子的にはガッカリ街道一直線のシロモノです。せめてきちんとしたショップで、感謝の気持ちが伝わるギフトらしいものを選ぶようには気をつけたいところ。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

買いに行く暇がなかなか無くて…という方には「ネットショップ利用」がおすすめです。ホワイトデーのフェアに関わらず常にギフト向けアイテムが多数取り揃えられていますし、ラッピングが可能であることも多いですからね。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

また、恋人同士など特に親しい間柄であれば…「手作りのお菓子」などの普段プレゼントしないもの・特別感のあるものをお返しして、遅れた埋め合わせとすることも出来ますよ。

遅れる場合のホワイトデーのお返し…渡す時の声の掛け方は?

さて、ここからは…ホワイトデーが過ぎてからお返しを渡すという場合の、お相手への声掛けをどうするかについてのご提案です。ここで遅れたことにも言及せず、悪びれもしないようでは、なんとなく誠意が無いように受け取られてしまいかねませんよ。

まず一番に大事なのが、当日お返しが出来なかったことに対する「謝罪の言葉を添える」こと。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

加えて、本来の目的である「バレンタインギフトに対する感謝の気持ち」も伝えておけばなお良し、ですね。

もし事情があって遅れた理由を言っておきたい、という場合も言い訳がましくならない程度に留めておきましょう。

中にはホワイトデーのお返しは期待していない…という方もいらっしゃるでしょうが、お返しのギフトがもらえることに関しては大抵の女性が嬉しいと感じますし…。
遅れたことに対して「当日に渡すべきだったのに申し訳ない」という態度でギフトを渡した方がお相手の心証も当然良くなると言えます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

もしお返しをするつもりだが当日渡すのに間に合わない…そんな場合は、前もってお相手に「お返しをすることを忘れていない旨」を伝えておくという方法もあります。

「用意するから待っていてほしい」と一言告げておけばお相手も忘れられていないことが分かるので安心させてあげられますね。ただしこの場合「何をくれるのかな?」と期待感を煽ることにも繋がるので…きちんと喜ばれるもの、欲しがっているものをギフトとして選んであげたいところです。

なおこの声掛けの際、お相手から「お返しなんて気を遣わないでいいよ~」と言われる場合も想定されますが…「あれ?返さなくてもいいのか」となってはいけません。社交辞令という言葉のトラップに引っかからず、しっかりお返しをしてあげてくださいね。

また遅れてしまったお詫びを示す方法として、いただいたギフトと比べて上等なお返しの品を用意したり、おまけのギフトを添えたりということも出来ますね。渡す際に一言「お詫びに少し良いものを用意した」という旨を伝えておけば良いでしょう。

もちろんここでも、お相手が気を遣ってしまわない程度のものにしておかないと引かれてしまう恐れがありますので注意です。

以上となります!

まとめ

今回は「ホワイトデーのお返しが遅れる場合のフォロー方法」をテーマにお送りしてまいりましたがいかがでしたか。

せっかくのバレンタインのお礼をするための機会ですので…遅れてしまった場合にはしっかりとリカバリをして、良好な人間関係を続けていけるようにしたいところ。どんな時でも誠意をもって対応することはやはり大事ですね。

それでは本記事を参考に…あなたなりのやり方で、お返しするお相手へのフォローをしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください