ホワイトデーのお返しに【残るもの】厳選3点!2018最新版!

バレンタインのお返しをする日、ホワイトデー。大切な恋人や奥様に対して、典型的なお返しギフトであるお菓子を贈るのでは味気ない、そう感じている男性も多数いらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は「ホワイトデーのお返しに残るものを贈りたい場合のポイント」をテーマに記事をお届け。注意点を交えつつ、ギフトの選び方のコツやおすすめアイテムのご紹介をしてまいります。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

ぜひとも参考にしていただいて…形だけでなく思い出にも残るようなホワイトデーのお返しを選んであげてくださいね!

ホワイトデーのお返しに残るものを贈りたい…この場合の注意点は?

まず、ホワイトデーのお返しに「残るもの」を贈る上で一番に注意したい点を見ていきましょう。

ズバリ、お相手にとって精神的に重いプレゼントとならないようにすること。ここは真っ先に押さえておきたいところです。

基本的に本命以外へのお返しであれば、ケア用品程度の消耗品やお菓子類など「あとに残らないもの」を贈る方が自然で、お互いに気を遣わなくて済みますね。

逆にもし、お相手と恋人同士であるなど特に親密な間柄である、というような場合には…。

お菓子等の消えものアイテムだけでなく、ささやかな形に残るものをおまけに添えて贈る方法をおすすめいたします。お相手に物足りなさを感じさせず、特別感のあるギフトを演出することが出来ますからね。

要するに、お返しを考えているお相手との距離感を考えて、気を遣わせないギフト選びを心掛けるということが大事!というわけですね。

ホワイトデーのお返しに残るものを贈りたい…選び方のコツって?

次に、アイテムの選び方のコツを見ていきましょう。

まず予算設定をする上での気をつけたいポイントですが…ここで大事なのは「バレンタインにもらったものと比べて明らかに見劣りするような価格帯のものを贈らない」こと!

親しい間柄ではバレンタインにチョコ以外の少し豪華なギフトをいただいているという場合もあるでしょうから…。それに対してあまりにお返しが安っぽい!とくれば、受け取るお相手もガッカリすぎてSNSに「ホワイトデーに頭まっしろなう」とか書き込みたくなるってものです…。

あくまでお返しですので、予算の設定は「いただいたギフトを基準」に、付き合いの長さや関係性を考慮して決めてやると良いでしょう。

情報サイトやネット上のアンケートによると「もらったものより少し良いものを返す」あたりがホワイトデーギフトとしては妥当・標準ラインの様子。なのでここらを意識して選ぶと良さそうですね。

また、アイテム選びの際のポイントとして重要なのが「好みや趣味を相手にしっかり合わせて選ぶ」ということ。

当たり前に聞こえてしまうかもしれませんが、デザインが好ましくないものや実用性が伴わない「後に残るギフト」というものは、贈った瞬間から相手にとって「もらっても迷惑なもの」に早変わりしてしまいます。

これを避けるには、お相手の好みをしっかり事前リサ―チしておくのはもちろんのこと…。贈った後のことも考えて、本当に使ってもらえるもの、役に立って喜ばれるものをチョイスすることが大事です!

女性は特に男性よりもプレゼントというものを意識・重視している傾向が強く見られますので、ガッカリさせないギフト選びを心掛けたいですね。

ホワイトデーのお返しに残るものを贈りたい…おすすめアイテムは?

さて…それではいよいよ、おすすめアイテムのご紹介に移ってまいりますね!

1.アクセサリー

まずは本命からのギフトとして女性に喜ばれるプレゼント筆頭候補である、アクセサリーから。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

やはりネックレスやイヤリング、ピアスの類は人気ですね。次いでリングも候補に入るでしょうが、喜ばれる種類はお相手の好みによっても変わるでしょう。
好みや世代で選ぶブランドを変えていく必要はありますが、アクセサリーというジャンル自体が特別感のあるギフトである、という点がおすすめの理由です。

2.財布・バッグ・洋服等の身に付けるもの

ブランド次第では高価なプレゼントとなってしまいますが、これらの「身に付けるもの」もまた女性ウケするギフトとなります。ただしアクセサリーと比較しても独断で選ぶことが難しいジャンルのため、喜ばれるギフトにするなら一緒に買いに行って選んでもらうのが無難かもしれません。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

アクセサリーもそうですが、持ち歩けるものや身に付けるもの、というギフトは「一緒にいたい」という気持ちを伝えるのに良さそうですね。

3.ブランド小物

ホワイトデーであれ何であれ、ギフトにはやはり毎日使えるものが喜ばれます。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そこでおすすめなのが「ブランド小物」。化粧ポーチやキーリング、コンパクトミラーやヘアブラシなどの…普段使いするもので少し高価なもの、のプレゼントのご提案です。

小物程度であればハイブランドでもそこまで値が張らないため、十分納得感のあるギフトにすることが出来ますよ。

その他…日々の生活の疲れから体をケアしたいと考えているお相手には「美容家電」、寒がりで3月を過ぎてもまだ暖が足りていないというお相手には「防寒グッズ」などなど、お返しを贈る相手によって求めているものも違ってくることと思います。

ギフトらしい特別なものを贈ることにこだわらず、本当に欲しいもの・喜ばれるものをプレゼントできるように意識して選んであげましょう。

私はかつて、恋人にリクエストされて下着をプレゼントする羽目になったことがあるのですが…ギフトらしからぬものでも、お相手次第で喜ばれるものになるということでしょうね。

まとめ

今回は「ホワイトデーのお返しに残るものを贈りたい場合のポイント」をテーマにお送りしてまいりましたがいかがでしたか。

バレンタインのお返しは男性にとって正直大変で、ある意味面倒なことかもしれません。しかし、ギフトのやり取りというものはお互いの今後の関係性をも左右する重要な機会です。

バレンタインのお礼だということ、感謝の気持ちを忘れずにしっかりと準備をして…お相手にとって喜ばれるものを贈ってあげてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください