ホワイトデーのお返しを催促する方法を男性のタイプ別に紹介!!

「ホワイトデーに彼氏がお返しをくれない。ひょっとして冷めちゃったんだろうか?自分は愛されていないんじゃないか?私の存在価値って……」

ホワイトデーのお返しがない場合に、このように考えてしまう女性は多いと思います。

お返しをしない彼は、あなたに気がないという意味もありますが、必ずしもそうとは限りません。

ホワイトデーにお返しをしない理由には、ウッカリ忘れちゃっている、イベントに疎い、イベントがあまり好きではない、普段からいろいろしてくれるなどと言ったことも考えられます。

で、そんな時って、催促しちゃってもいいものなんでしょうか?

「ホワイトデーにお返しは返して欲しい!」

でも「催促なんかして嫌な顔されてもなぁ・・・」

そんなあなたのために!!

今回は、ホワイトデーにお返しをしない男性への催促方法についてまとめました。

男女で価値観が違う・ホワイトデーの考え方が違う

イベント事を大事にする女性に対して、男性はそこまでイベントを大事にすることはありません。

男性はイベントに関係なく、好きな女性に対してはいろいろとしてあげたくなるもの。

普段からいろいろしている男性は、イベントだからって特別なことをする必要がないと思っています。

イベントを大事にする男性ももちろんいますが、男女で、イベントを大事する素価値観は若干変わっているようです。

もし、ホワイトデーに何もなかった場合には、どうすればいいのでしょうか。

ホワイトデーのお返しが無い!催促してもいいの?

結論から言うと基本的には催促はしない方がいいと思います。

催促をすると「お返しをしよう」から「お返しをしなければいけない」に変わってしまうから。

義務的にもらうお返しって、ちょっとむなしくなっちゃうかな~…と思ってしまいます。

ただウッカリ忘れているだけなら催促もあり

3月14日当日になってもホワイトデーの事なんかまるっきり頭に入っていない男性がいます。

街に出ればホワイトデーの商品が山盛りに売り出されていてテレビやネットでも「ホワイトデー!」で大騒ぎしていても、自分には関係のないこととして、全く心の琴線に触れずスルーしている男性・・・本当にいますからね。

で、そんな男性なんかにはむしろ「あのー、私バレンタインプレゼントしたのに返して貰ってないんですけどー」とハッキリ催促した方が良いかも。

義理がたい男性なら「あ!!!!完全に忘れていました。スマヌ!!」という事で急いでホワイトデーのお返しを準備してくれる事でしょう。

イベントに積極的でない男性の場合の催促方法

前述の通り男性って平均的に女性程イベントに積極的ではありません。

なので「ホワイトデーかぁ・・・彼女にチョコもらったから返さなきゃ。でも面倒くさいなぁ。」こんな感じなんですね。

で「まぁ、しばらくになってホワイトデーが過ぎ去るのを待つか」

こんな風に思っている男性がちらほら。

まぁ、基本的に男性は面倒くさがりですwwww

ただ、この面倒くさいというのはたいていの場合「何を返せば良いのか分からない」事が多い。

つまり、お金を払うのが嫌だ!とかお返しを購入して渡す手間が面倒だ!と思っているわけではないのです。

そこで、こんな男性へのホワイトデーのお返しの催促方法は「品物を指定する」という方法。
これに尽きます。

「何を返せばいいのか分からない」の面倒部分をあなたが解消してあげるわけですから、この催促方法ならお返しを返して貰える可能性は高いです。

ちなみに、ここでやたら高級な物を指定すると男性に嫌がられます。

ですので、バレンタインにプレゼントした物を見比べて自重するように!

ホワイトデーにお返しをしないポリシーの男性への催促方法

「俺はホワイトデーにお返しをしないポリシーだ。絶対にだ。」

こんな男性もいます。

こんな男性の場合へ催促する場合は、血を見る覚悟を持つしかないですね。

正直諦めた方が良いです。

ただ、こんな男性だった場合は、来年からバレンタインはナシ。

(ついでにクリスマスも誕生日もナシ)でもいいと思います。

ホワイトデーのお返しをくれない男性に対しての女性の本音

個人的な意見がほとんどですが…

男性にとって、お返しをあげることが絶対とは思っていないということも、イベントに対しての価値観の違いも理解できるけど…

でも、やっぱりお返しはほしいなと思うのが女性ですよね。

少し面倒だと思っても、人間関係上大事な事なのでは?と思ってしまいます。

恋人だからと言って、ぞんざいに扱うのは、違うような気もします。

こういったところで、手を抜くような人は、結婚生活もきっと大変なのでは?と思ってしまうので、イベントごとを面倒に思っている人は、早々に切った方がいいと思います。

全く価値観が合わなくてもいいのですが、大きく価値観がずれている人とは、今後一緒にいて疲れる…と思うのが女性の考えです。

大好きな人を大事にしたいという思いがあるのなら、バレンタインのお返しはしてほしいなと思いますね。

私は…主人に催促しちゃいます。
ホワイトデーに買ってほしいチョコレートがある時には…

「食費から買えるなら買ったら」

と言われてしまいます…

主人の財布を握っているのは私なので、反論は出来ません…

お小遣いの中から頑張ってよ!と思う主婦の方の意見もありますが、日ごろ何か買ってもらうことがあるので…残念な気持ちもありますが、諦めています…

ホワイトデーのお返しを催促する方法【まとめ】

お返しをしない理由はいろいろあると思います。

でも、最近の女性の考えも厳しいので、お返しがないと言うだけで別れに発展する確率も低くはありません。

ほんのささやかな物でもいいと思います。

もし、ご結婚されている場合には「いつもありがとう」と言う言葉と一緒に、小さなお菓子をプレゼントするのもいいと思います。

感謝の気持ちは、男女ともに嬉しい気持ちにさせれるのではないでしょうか。

私は…ホワイトデーなんてないですが…
本音では、何かサプライズがあると嬉しいな…と思ってしまいます。

いつも頑張ってくれているので、あまり強くは言えませんが…

カップルの男性には、面倒でも彼女を大事にしたいと思うなら、ちょっとは頑張ってほしいなと思います。

決めるところはキッチリと決める男性は、最高にモテ要素が高いですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください