スキー場でのアルバイトはきつい?デメリット5選を徹底解説!

スキー場へスキーをしに行ったことのある方は多数いらっしゃるとは思いますが、アルバイトをしたことがある人は少ないのではないでしょうか。

リゾートバイトで、住みこみバイトをしてアルバイトをした方の体験談では、「きつい」という単語をよく言われています。

体験者が語るメリットやデメリットを元に、どのような点が「スキー場のアルバイトはきつい」のかをまとめてみます。

スポンサードリンク

スキー場アルバイトのメリット

スキー場の施設を無料で使える

スキー場のリフト券が支給されたり、施設も無料で使えたりして、仕事が休みの時には思う存分スキーを楽しめるようです。

出会いが多い

恋愛だけではなく、スキー場でアルバイトをするということはスキーが好きな方が多く、共通の趣味から友達・仲間と出会いやすいようです。

場所によっては観光もできる

スキー場でのアルバイトだからといって、スキーだけをしないといけないわけではありません。

仕事が終われば近くの観光をすることも可能です。

地元では無い所を観光するのはスキーとは違った楽しさがあるようです。

衣食住が無料もあり

衣食住が無料のところもあり、働いた分がしっかりとお給料になります。

短期でしっかりと稼ぎたい方には適しているようです。

スキー場アルバイトはきつい?デメリット

仕事が忙しすぎて滑れない

スキー場内での仕事内容は以外と多く、リフトスタッフ・リフト券販売・インフォメーション・レンタルスタッフ・ゲレンデレストラン・ゲレンデ託児所・パトロール・インストラクター等多岐に渡ります。

その方の熟練度等に応じて配属先が決まることもあるようです。

丸一日働いてからの滑走を考えている方もおられますが、仕事後は思っているよりも体力を消耗しているので、アルバイトをする前に思っていたようにはいかないようです。

ナイター設備があれば遅くまで滑ることができるようです。

相部屋寮でストレスが溜まる

住みこみバイトは季節限定なので、相部屋寮に住みこむことも良くあります。

仲の良い友達との相部屋ならまだマシですが自分の時間やプライベートゾーンが無い為ストレスが溜まってしまうようです。。

出会いは多いが、遠距離なので別れやすい

スキー場でのアルバイトは出会いが多いです。

それ目当てに働きに行く方もいるぐらいです。季節限定の場所に行くので、遠距離恋愛になりやすいので別れてしまうカップルも多数いるようです。

とにかく寒い!

屋外での業務内容であれば、雪山での業務となりますのでとにかく寒いようです。

スキーをしている時や体を動かしているときは良いですが、リフトの係等は立ちっぱなしなので「きつい」と思われやすいようです。

休日に怪我をしたら強制退去

あくまで仕事をしにいっているので、怪我をして仕事ができなくなったら強制的に返されます

仕事に支障が出ない程度にスキーを楽しむ方が良さそうです。

雪かきが大変

基本は除雪車を使って雪かきをしますが、入り口前等の除雪車が入れない所は除雪機やスコップで地道に雪かきをする必要があります。

雪かきは不慣れな方にはかなりの重労働ですので、雪になれていない方には一番きつい作業かもしれません。

スポンサードリンク

スキー場のバイトはきつい?【まとめ】

メリット・デメリットを確認したところ、雪に慣れていない人には「きつい」と思える内容が増えそうです。

特に「雪かき」や長時間外での仕事をするうえでの「寒さ」というものが一番「きつい」と呼ばれる所以のようですね。

筆者の田舎はシーズンになると1m~2m程家の周りに積もるので、数回雪かきを手伝ったことがありますが診ているよりもかなりの重労働です。

慣れていないと雪をかくという行為は難しく余計に力を使ってしまいます。

魅力もたくさんあるスキー場でのアルバイトですが、羽目を外しすぎずスキー場バイトのメリットを活かして楽しく働けると良いですね。