スノボグローブの正しい洗い方とは?洗濯、乾燥ってしていいの?

快適にスノボを楽しむための必需品であるスノボグローブですが、皆さんはどのような洗い方をされていますが?

間違った洗い方をしてしまうと生地をダメにしてしまう可能性があります。そこで今回は正しいスノボグローブの洗い方を紹介していきます。

スポンサードリンク

スノボグローブの洗い方

スノボグローブを洗う前に確認すべきことは

1.素材の種類
2.洗濯表示

上記の二つです。
 
素材は主に「ウール」「ゴアテックス」「ナイロン」「レザー」の4つがあります。

レザーは水への耐性がないため、自宅での洗濯は推奨されていません。ひどい汚れの場合はクリーニングに出すのをおすすめします。

そこまで汚れが目立たない場合は自宅で軽く汚れを落とし、乾燥と保湿を行うことで持ちがよくなります。

そのほかの素材は基本的にはぬるま湯での手洗いが正しい洗い方となります。ただ、モノによっては注意事項もあるので、必ず洗濯表示を確認するようにしましょう。

また、ゴアテックス(防水透湿性素材)には専用の洗剤が存在するのでそちらを使用をすると、機能性を損ないにくくなるためおすすめです。

それでは具体的な洗い方について、解説していきます。

1.洗濯表示を見て、水洗いが可能かを確認する
2.桶に30℃以下の水またはぬるめのお湯を入れる
3.液体洗剤を溶かす(柔軟剤入りはNG)
4.スノボグローブを桶に浸し、上から手のひらでおし、持ち上げる動作を20回程度行う
5.入念にすすぎ洗いし、泡がでないことを確認する
6.タオルで拭き、水分をとる。
7.シワにならないように陰干しする、このとき、指側を上にする
8.半分程度乾いたら、グローブに手を通してシワを伸ばす
9.だいだい1日程度干すと乾きます

だいたいの製品はこのように洗うことで耐久性を損なうことなく、汚れを落とすことができます。

スノボグローブを洗う際の注意点

 
 スノボグローブを洗って乾かす際にいくつか注意すべきことがあるので紹介していきます。

1.柔軟剤や漂白剤は使用しない
2.型崩れの恐れがあるので絞ってはいけない
3.型崩れや機能性低下の恐れがあるので乾燥機や温風の使用は避ける
4.カビや菌の増殖防止のためにしっかりすすぎ、しっかり乾かす

 
上記の点を意識することがスノボグローブを洗う際にとても重要です。
   

レザー素材のスノボグローブの場合

前述のとおり、レザー素材のスノボグローブは水洗いができないため、他の素材のものと扱い方が変わります。

それでは手順を説明していきます。

1.しっかり陰干しで乾燥させ、水気を飛ばす
2.専用のブラシを用いて、汚れなどを擦って落とす
3.専用のバームを用いて、保湿を行う。

以上がレザー素材のスノボグローブのお手入れ方法になります。

とくに重要な工程は乾燥させるところです。ここできちんと水気をなくすことで
ブラシで汚れを落としやすくなります。

汚れや水気が残ったまま保湿をしてしまうと、カビが繁殖する恐れがあるので注意しましょう。

正しく乾燥と保湿を行うことで長持ちさせることができます。

スノボグロ―ブを洗う頻度

多くの方はシーズン中にスノボに行く回数は、多くても3,4回程度ではないでしょうか。

その場合は毎回きちんと乾燥させ、シーズン終わりに1回洗う程度で快適に使えます。
 
また頻繁に行く方であれば、10回行くごとに一度程自宅で洗う、またはクリーニングに出すことを目安してみてください。   
 
ちなみにスノボグローブのクリーニングの相場は2000円~4000円程度です。これより安い製品を使っている人はシーズン毎に買い替えた方がいいかもしれません(笑)

スポンサードリンク

  

スノボグローブの洗い方【まとめ】

今回はスノボグローブの洗い方についての紹介でした。

素材や製品ごとに正しい洗い方とお手入れ法を守ることでお気に入りのスノボグローブを長い間使うことができるようになります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。