スノボグローブの洗濯方法は?素材別に洗い方を徹底解説!

スノボシーズン到来です。

ウェアや帽子、グローブの洗濯はどうしていますか?クリーニングに出している人もいるでしょうが、物によっては自分でも洗濯が可能です。

よく、「グローブは洗濯できないのでは?」という質問が挙げられていますが、素材によって洗い方が異なりますが、洗濯可能です。

洗濯機は不可ですが、手洗いすれば洗濯可能なので今回はグローブの素材別洗濯方法を解説いたします。

スポンサードリンク

スノボのグローブは洗濯可能?

スノボ・スキーグローブの素材によっては洗濯禁止のタグが付いている物があります。

クリーニング業者なら可能な物、手洗いであれば可能な物と様々です。

グローブの洗濯=不可という訳ではなく、素材によっては不可というだけなのでその違いに注意して下さい。

グローブには中綿が入っている物が多いので、洗濯機での洗濯が不可の物が多いので必ずタグの表記を良く確認して下さい。

素材別グローブの洗濯方法

ナイロングロー

ナイロングローブは手洗いが可能な物が多く、自宅での手入れが比較的容易です。洗濯手順は以下の通りです。

①洗濯表示(タグ)を確認し、水洗いが可能か確認して下さい。

②表記通りの温度の水又はお湯を準備します。(物によっては洗剤使用可能)

③グローブを優しく押し洗いします。

④タオル等で挟んで水気を取ります。

⑤形を整えて日陰で平干しして乾かします。

レザーグローブ

レザーグローブは水に弱い素材なので、基本的には洗濯はできないと考えて下さい。

どうしても洗いたいのであればプロであるクリーニング屋に頼みましょう。

洗うことはできませんが、お手入れは可能なのでお手入れ方法は下記の通りです。

①室内干しまたは影干しで自然乾燥させる。

②レザーグローブ用のブラシを使用して汚れやほこりを落とす。

③レザーバームを使用してレザーを保湿する。
レザーグローブは水に弱いので、しっかりと乾燥させてから保湿することが大切です。汚れをしっかりと落とさずに保湿してしまうと汚れに含まれるカビが残ってしまうので、汚れはしっかりと落としましょう。

乾燥させるときは自然乾燥させます。レザーはドライヤー等の熱を与えると変形する可能性があるので注意して下さい。

ゴアテックスグローブ

洗濯機は不可ですが、手洗いでの洗濯は可能です。ゴアテックスグローブは防水性・透湿性を兼ね備えている為正しい洗濯方法を行い、大切に手入れするようにして下さい。

手順はナイロングローブと同じですが、洗剤の洗い残しがあるとゴアテックスの機能性を弱めてしまう可能性があるので、念入りにすすぎを行って下さい。

柔軟剤や漂白剤はゴアテックスの防水性・透湿性を低下させる恐れがあるのでお勧めできません。

スポンサードリンク

スノボのグローブは洗濯可能?【まとめ】

色々な方に話を聞いてみると、「グローブは毎回洗わない」という方もいらっしゃいました。

自覚は無いかもしれませんが、グローブの中ではしっかりと汗をかいています。

汗をかいた状態で使用したグローブをそのままにしておくと菌が繁殖し臭いの元になってしまいます。

洗濯機を使用することは、立体的に縫製された形が崩れてしまう等の理由から洗濯機使用不可とされている物が多いですが、「洗濯」は可能です。
素材に合わせた正しい洗濯をすることで清潔さを保てますし、グローブ自体の状態もよくなるので長く愛用することが可能になります。

板やブーツ、ウェアのお手入れと共にグローブや帽子等の小物もお手入れして道具を大切に長く使ってください。

自分に好みによってグローブの素材は異なります。

グローブの素材によってお手入れ方法が異なるのでしっかりと素材の特性を理解してお手入れをしてあげてください。