スノボの持ち物は何が必要?泊りの時は別に必要な物がある?徹底解説!

寒くなってきました!スノボシーズンですね。

スノボを楽しむ為には準備が欠かせません。

スノボに行くときに必須な物、これがあると便利な物をまとめましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

スノボの必須な持ち物!

泊まりであろうと日帰りであろうと、これだけは必須な持ち物です。忘れないように準備して持って行きましょう。

①スノーボード:スノボに行ってスノーボードを忘れてしまっては滑れないですよね。手入れして必ず持って行きましょう。

②ビンディング:ボードとブーツを固定するビンディング。ビンディングを外して持ち運ぶ方は忘れないように注意してください。

③ブーツ:こちらもボードと同じく必須です。

④手袋:手の保護の為に必須です。怪我の保護だけでなく手から体が冷えないように必ず装着してください。

⑤ニット帽:頭の保護の為に必須です。転倒した時に頭を守る為、寒さから頭や耳を守る為にも必要です。

⑥スノボウェア:自分の好きなウェアを持参してください。物によって機能性が変わりますので、自分の好きなウェアを探してください。

⑦インナーウェア:スノボウェアの下に着ます。スノボはウィンタースポーツなので、汗をかきます。吸水性・速乾性のあるものがお勧めです。

⑧ソックス:各種様々なソックスがあります。二重になっている物、厚手の物などです。吸湿性や速乾性の高いものを選ぶと良いです。

あると便利な持ち物

ここからはあると便利な持ち物を紹介します。

必須とは言いませんが、これらがあることでスノボを更に快適に楽しむことができます。

泊まりであっても無くてもスノボをするうえで便利な持ち物ですので参考にして下さい。

①ネックウォーマー:寒さに弱い方にはネックウォーマーもお勧めです。ボードウェアは首元までしっかりと覆ってくれますが、更にネックウォーマーで首を温めると寒さをやわらげてくれます。

②フェイスマスク:冷たい風や雪が直接顔に当たるのを防ぎます。雪上は思っているよりも日焼けしやすいので、日焼け防止にもなります。

③日焼け止め:ゲレンデでの雪の照り返しによる日焼けは非常に強烈です。対策をしておくことをお勧めします。

④リップクリーム、ハンドクリーム:周り一面が雪に囲まれていて忘れがちですが、ゲレンデは思っている以上に乾燥しています。

唇や手の保湿をして荒れを防ぐためにもあると良いです。UVカット成分が入っている物も多く発売されているので、そちらも検討下さい。

⑤ゴーグルのくもり止め:ゴーグルがくもってしまうと非常にストレスです。視界が遮られると転倒や他の方とぶつかる危険性も上がるので、ぜひ持参してください。

⑥スマホ用耐衝撃防水ケース:スマホをポケットに入れたまま滑っている方が多いと思います。

ですが、転倒した際には大きな衝撃がかかりますのでスマホの破損防止の為にもケースに入れておくと良いかと思います。

⑦ドライバー:スノボのビンディング調整の為に使います。
ビンディングの不具合があったときに直せるように持参していると安心ですね。

⑧ヒップパッド(ヒッププロテクター):初心者の方には特にお勧めです。転んだ時の衝撃軽減用というのはもちろん、座り込んでしまうことの多い初心者の方はおしりが濡れてきて冷たい思いをすることが多いので、冷たさ防止にも良いです。

⑨ボディプロテクター:スノボが上達してくると、スピードを出して滑ったりパークを使用したりジャンプをすることが増えます。

その分転倒する危険性も上がりますし、強い衝撃が加わります。

スノボの怪我は大けがに繋がることもありますので、それを防ぐ為にプロテクターをつける方もいます。

必須という訳ではありませんが、難しい技に挑戦するなど危険を感じ始めたら購入を検討してください。

スポンサードリンク

スノボの持ち物!泊りの時に必要な物は?【まとめ】

まとめてみると意外と持ち物が多くなってしまいましたね。

必須な持ち物は持って行くべきですが、便利な持ち物はご自分が必要だと思うものを持って行くようにして下さい。

全てに備えて全ての物を持参すると荷物が増えますし、費用もかさみます。自分にとって必要なものを取捨選択し、自分にとって必要な物を探してみてください。