スノボの持ち物は?女の子がカバンに入れるものリスト!初心者や日帰り向けも

みなさんはスノボに行くときに何を持っていきますか?持ち物に悩む方も多いのではないでしょうか。

特に女性の方はおしゃれも気にしなくてはいけませんよね。

ゲレンデで何倍も可愛く見せるためにしっかりとした準備をしていきましょう!

もちろん、中にはゲレンデで貸し出ししているものもあるので要チェックです!

ゲレンデマジックを最大限に生かして可愛く、そして格好よくスノボを楽しみましょう。

この記事では定番の持ち物から女の子が持っていくと良いもの、初心者や日帰りの方向けの持ち物までご紹介しますね!

スポンサードリンク

スノボの持ち物(女性向け)

レンタル可能なアイテム

*スノーボード
自分専用のものを持っているとモチベーションがさらに上がりますが、レンタルすることもできます。
初心者の方は自分に合ったものが分かりにくいので、レンタルをおススメします。
*ブーツ
ブーツは自分にしっかり合ったものを使ってください。
たくさん人が来る時期になると自分のサイズがない場合もあるので要注意。
*ビンディング
ビンディングとはブーツとボードを固定するためのものです。
ボードをレンタルすると基本は付いてきます。
*リーシュコード
リーシュコードとはボードの流れ止めになるものです。
安全のために、基本的にはどこのスキー場でも装着が義務付けられています。
*スノボウェア
スノボウェアも自分に合うものを着てください。
*ゴーグル
太陽光の雪による販社から目を守ってくれます。
様々なレンズカラー等もあるので自分に合うものを使ってください。
*グローブ
グローブはビンディングを装着しやすいように厚すぎない者を使用することをおススメします。
*帽子
ゲレンデではとても耳が冷えていたくなります。
防寒のために帽子をかぶりましょう。

レンタル不可のアイテム

*ソックス
短い丈感のものではなく、長い丈のものを使うことをおススメします。
また、厚みのあるものの方がさらに良いです。
宿泊する場合は何足か持っていく方がよいでしょう。
*下着
転んだ際に濡れてしまうことがあります。初心者の方は特に持って行ったほうが良いでしょう。
*リップクリーム
ゲレンデはとても乾燥しています。保湿のためにリップクリームを。
*ハンドクリーム
リップクリーム同様、保湿のために持っていきましょう。
*ゴーグル曇り止め
ゴーグルは寒暖差などですぐに曇ってしまいます。快適にスノボをするためにも持っていくととても便利です。
*フェイスマスク
日焼け防止にもなるフェイスマスク。顔の寒さも守ってくれます。
*ネックウォーマー
こちらも、防寒対策のために持っていくと良いでしょう。
レンタルできる場合もあります。選んだウェアのデザインと揃えると、格好いい見た目になりますよ。
*インナーウェア
上の下着だけではなく、下に履くスパッツ等も用意しておくと良いでしょう。
*上着
ゲレンデでの体温調節のために、着脱しやすいものを持っていくと良いでしょう。
*身分証明書
実は、レンタルする際には身分証明証が必要になります。
必ず持っていきましょう。
*小銭入れ
ゲレンデで現金を全額持っているのはとても危険なので、数千円入れることのできる小さな小銭入れを持っていきましょう。
*リフト券用のパスケース
ゲレンデでは多くの人が一日リフト券を使用しています。体の見えるところに着けておくことでいちいち取り出す必要が無くなります。
*防水のスマホケース
写真撮影のために持ち歩いている方の多いスマホ。細かい雪が入って故障してしまう場合があるので、しっかりと防水ケースに入れて持ち運びましょう。
*絆創膏
実は、レンタルのブーツで起きやすいのが靴擦れです。
履きなれていない靴のせいで靴擦れが起きやすいので、数枚持っていくと良いでしょう。
また、現地の売店などでは少しお高いお値段になっているので、持参することをおススメします。

スポンサードリンク

スノボの持ち物は?女の子【まとめ】

こんなものも必要だったの?!と思うようなものもあったのではないでしょうか?

私の初めて行った時にはレンタルする際に身分証明書画必要なことに驚きました。(ロッカーの中に身分証明証があったので無事借りることができましたが…)

また、レンタルする際は必ず自分に合うものを選んでください!

レンタルしているものには様々なデザインのものがあります。

自分に合い、且つおしゃれを楽しめるものを選ぶとさらに良いスノボ時間を送れるでしょう。

意外と盲点になっているものもたくさんあると思いますので、チェックリストを作るなどして忘れ物の無いようにスノボを快適に楽しみましょう!