スノボはニット帽なしでも問題ない?似合わない方にもおすすめの着こなし方!

スノボをする際、身に着ける人も多いニット帽ですが、「邪魔になる」「似合わない」などの理由でニット帽なしを選択する方も少なくないと思います。

しかし、ニット帽はスノボを楽しむために大切なアイテムであり、とくに初心者の方には必須といっても過言ではありません。

今回はスノボにおけるニット帽なしの危険性と苦手な人向けの対策を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

スノボでニット帽なしがNGな理由

防寒機能

ニット帽の機能として、一番想像しやすいものだと思います。

雪山は元々の気温が低いうえに、天候によっては大雪になる可能性があります。

そんなときに頭や耳が無防備だと寒いと感じるだけでなく、凍傷になってしまう恐れがあります。

私もニット帽を忘れてそのまま滑ってしまい、寒さと耳の痛さでスノボどころではなかったという苦い記憶があります(笑)

保護機能

スノボをするうえで忘れてはならないのが「危険を伴う」ということです。

人間の身体で一番守るべきなのは頭であり、ニット帽は大切な頭を保護してくれます。

転倒や他の人との接触によるケガのリスクを減らすための重要な役割を担ってくれます。
 

ファッションとしての役割

ニット帽が似合わないという方にはピンとこないかもしれませんが、ニット帽はスノボファッションにおいて重要なアイテムといえます。

イメージしてみてください。

どんなにかっこよく滑っている人でも、止まった時に頭に雪がついていたり、寒さで耳が真っ赤になっているのが目についたら少し残念だなと思いませんか?

ニット帽を被っていれば、雪から頭を守れますし、髪のボサボサや耳が赤くなっていることを隠すことができます。

ニット帽を被ることは身なりを整えることにもつながるのです。

以上の3つがニット帽は必要だという理由です。

ニット帽なしで滑りたいと思っている方もこのようなリスクを頭に入れたうえでもう一度考えてみてください。

ニット帽が似合わない方向けの対策!

ニット帽なしで滑りたいと思う人の大半は「自分はニット帽が似合わない」と思っているのではないでしょうか。

ここからはニット帽が似合わないと思ってしまう原因とそんな方がニット帽を被りたいと思えるような方法を紹介していきたいと思います。

ニット帽が似合わない原因

「自分はニット帽が似合わない」と思ってしまう原因は自分にあったニット帽と被り方を知らないからです。

ニット帽にはたくさん種類がありますし、被り方もそれに合わせて変える必要があります。

ニット帽ファッションを楽しむためにはそのポイントを押さえる必要があるのです。
 

自分に似合うニット帽に見つけ方

丸顔の方
長さが長めのものやポンポンがついているもので高さを出す。

このとき浅めに被るのがポイント
→高さをだすことで丸顔が強調されるのを防ぎます。
 
面長の方   
浅めに被り、てっぺんを倒す
→面長が協調されるのを防ぐ。

単に短いニット帽を深くかぶるのよりも効果的な場合があります。
       

折り返しのあるニット帽を選ぶ
→横幅をだすことで面長が協調されるのを防ぐ。

四角顔やエラ張りの方

柄付きのものや明るく目立つ色のもの、デザインが特徴的なものを被る。
→目線を上に向けることで輪郭を強調させない。

単に見慣れていない
普段ニット帽を被る機会のある人はそこまで多くはないため、スノボの ときだけ、被っていては見慣れず似合わないと思ってもしょうがないです。

初めて着る服が似合っているか不安に感じるのと同じでことです。

お店で色々なものを試着することで徐々に慣らしていきましょう。

どうしてもニット帽が似合わないと思う方

色々対策をしてみても自分にはニット帽は似合わないと思ってしまうけど、それでも防寒や安全対策はしたい方はぜひ他のアイテムを一緒に着用してみてください。

具体的には「ゴーグル」「フード」「フェイスマスク」などです。

これらを着用することによりニット帽で際立ってしまう部分をカバーすることができますし、より快適にスノボを楽しむことが可能になります。

似合わないという理由だけでニット帽なしを選択してしまうのはもったいないので一度他のアイテムを併用することを検討してみてください。
 

スポンサードリンク

スノボはニット帽なしでも問題ない?【まとめ】

いかがでしたか?

今回はスノボはニット帽なしでも問題ないのかについて解説しました。

ファッション性と安全性を大事にしたいスノボにとってニット帽は非常に重要なアイテムだといえるでしょう。

この記事を読んで、ニット帽なし派の方が、少しでも被ってみたいなと思ってもらえたら嬉しいです。ここまで読んでいただきありがとうございました。