スノボの縦滑りのコツ!初心者は怖い?正しいブレーキのかけ方!

スノボ初心者の方や、初めてスノボをする方は、「うまく滑れないかも…」など、不安な気持ちがあると思います。

せっかくスノボに行ったのにうまく滑れないまま一日を終えてしまうのはもったいないですよね。折角のスノボ旅行が台無しに…

そんなことにならないようにこの記事では、スノボの「縦滑り」特化してコツをご紹介したいと思います!

この記事を読めば、誰でも簡単にスノボを滑ることができるようになるでしょう!楽しいスノボ旅行にしましょう!

スポンサードリンク

スノボの縦滑りのコツ!まずは基本的な姿勢を整える

正しい姿勢で立つ

初めにやるべきなのが、正しい姿勢でボードの上に立つことです。

と、言われてもいまいちわからないと思いますので、「滑っている間は、膝を伸ばさずに曲げる」ということを頭に入れて滑りましょう。

正しい転び方

そして次に大切なのが、正しい転び方身につけることです。

転ぶときに大切なのは、「しゃがむように転ぶ」。これ一択です。

足を伸ばしたまま転んでしまうと、地面からの衝撃が大きくなり、ケガにつながりますので気を付けましょう。

スノボでの曲がり方

姿勢と転び方を身につけたら、正しい曲がり方を覚えましょう。

実は、正しい曲がり方を覚えてしまえば、自然とうまく止まれるようになるというメリットがあります。

正しい曲がり方とは、「曲がりたい方向に手と顔を向ける」。たったこれだけでうまく曲がれるようになります!

リフトからうまく降りる

多くの人がリフトから降りることを苦手としているのではないでしょうか?

実は、リフトから降りるときは、椅子から立ち上がるようなイメージで立ち上がれば簡単に降りることができちゃうんです。

ボードスライドの練習

ボードスライドって?となる方も多いでしょう。ボードスライドとは、地面に対してボードを真横にして滑走することです。

とても簡単ですので、前向きに慣れたら後ろ向きにも挑戦してみてください。

ターンの練習

ターンのコツはこれだけです。「大回りをしながら滑る!」

大回りをすれば、ターンのたびに減速することができるため、急な加速におびえながら滑る必要が無くなります!

スノボの縦滑りのコツ

ただし姿勢で立つことができたら、さっそくスノボで滑ってみましょう!
今回は、縦滑りに特化してご紹介しますね!

1体を低くして滑り出しの準備
滑る方向をしっかりと確認したら、膝を曲げて姿勢を低くします。
2上半身をねじりながらつま先で飛ぶ
肩を進みたい方向にねじりながら引き上げて、つま先で踏ん張りながら飛び跳ねるイメージです。この動きによってボードが縦になります。
3ボードを縦にしていく
肩をねじりながら飛ぶと、飛んだ反動で下半身に重心がかかりボードが縦に向きます。ボードが地面に対して平行になるように着地しましょう。
4下手に重心をかけないように滑り出す
ボードを進行方向に向けることができたら、顔を進行方向に向け滑り出しましょう。
この際に、エッジに重心を置かないように注意してください!

ブレーキのかけ方

1 上手なブレーキのかけ方
まずは、滑っている状態から、ボードを地面に対して真横にしましょう。

ターンとやり方は似ています!コツは、勢いよくボードの後ろを前に押し出すことによってブレーキをかけることができます。

ですが、力任せにボードを前に押し出してしまうと、体が回転してしまい旨くブレーキをかけることができません。感覚を少しずつ掴んでいきましょう

2 スピードコントロール
スピードはエッジの立て具合によってコントロールすることができます。

エッジの立て具合調節に必要なのは、足首の動きです。

加速したいときは、つま先を少し下げる。減速したいときには足首を強く曲げる。これを意識しましょう。

3 ブレーキ
減速したいときは、足首を強く曲げますよね。その要領で止まるまで強く曲げてみましょう。

そうすると自然にスピードが弱まり、最終的にはブレーキをかけることができます。

スポンサードリンク

スノボの縦滑りのコツ!【まとめ】

今回は初心者の方は必見の記事でしたね。

まずは、正しい姿勢を身につけることが最優先事項ですね!

スノボに行く前にもう一度見返して、正しい姿勢や、加速減速のやりかた、ブレーキのかけ方を再確認してみてはいかがですか?

それでは、素敵なスノボライフを!