年末に普通郵便を送りたい!配達遅れがないようにする対策とは?

皆さんは、年末に普通郵便の配達が遅れたことはありませんか?

年末に普通郵便の配達が遅れる原因として年賀郵便と一緒に選別作業するために時間がかかってしまいます。

この記事では、年末に普通郵便の配達が遅れないようにするための対策として4つの方法を説明していくよ!

最後まで読むと、年末に普通郵便の配達が遅れないようにする対策を取り、年末に普通郵便の配達が遅れることがないので安心して送れるようにするために、最後まで飽きさせずに分かりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

とにかく早く投函する

年末は普通の郵便物だけでなく、年賀状があります。

郵便物のポスト回収は年末年始に関わらず毎日行われますが、1月2日は年賀状も年賀状以外の普通郵便も配達が行われません。

通常時とは異なるイレギュラーな条件ですので、普通郵便を年末に送る場合はとにかく早めにポスト投函する必要があります。

「普通郵便をポストではなく郵便局の窓口に出す」とは?

「普通郵便をポストではなく郵便局の窓口に出す」方法は追加料金を払わずに普通に郵便局に出すことです。

年末に普通郵便をポストに出すと年賀状と一緒に回収されてしまうので、回収されてから振分け作業するため時間がかかってしまいます

郵便局の窓口に出すと年賀状と区別され、振分け作業が短縮されるので配達されるのが速くなります。

局員さんに聞けば到着予定日も教えてくれるでしょう。

私は年末の郵便局でアルバイトしていたのですが、年賀状が膨大に回収されてくると普通郵便が紛れ込んでいることもあるので発見したら年賀状と区別して振り分けるため配達までに時間がかかります。

「速達」を利用する

ここからは普通郵便じゃない別の手法をお伝えします。

まずは、「速達」を利用する方法です。

「速達」
速達とは、追加料金を支払うことで「区分・運送・配達」までを常に最優先するサービスです。

この配達方法を利用する理由は、普通郵便よりも最優先で配達するため遅れることが少ないからです。

私も年末に普通郵便を送りましたが相手に届くのが遅くなったことがあり、追加料金が必要ですが今回の配達方法を利用して速く送れるようにしていきます。

次に、2つ目の対策として「一般書留・簡易書留・特定記録」を説明していきます。

「一般書留・簡易書留・特定記録」を利用する

2つ目の対策は、「一般書留・簡易書留・特定記録」を利用する方法です。

「一般書留・簡易書留・特定記録」の説明を次にしていきます。

(1)「一般書留」
一般書留とは、引き受けてから配達するまでの過程を記録して、郵便物が壊れたり、届かなかっ
た場合に実損額を賠償するサービスです。
(2)「簡易書留」
簡易書留とは、「一般書留」と比べると料金が安く、郵便物が壊れたり、届かなかった場合の賠
償額が5万円までのサービスです。
(3)「特定記録」
特定記録とは、郵便物やゆうメールの引受けを記録するサービスです。

この配達方法を利用する理由は、書留番号が付いている配達は次の便に回されにくいため優先的に配達されるからです。

私は、よく「簡易書留」を利用していたのですが、年末に普通郵便を送るときに利用すると優先的に配達されることを知って「一般書留よりも料金が安い簡易書留を使っていたの良かったんだ」と調べていて思いました。

それでは、3つ目の対策として「レターパックプラス」を利用する方法について次に説明していきます。

「レターパックプラス」を利用する

3つ目の対策は、「レターパックプラス」利用する方法です。

「レターパックプラス」の説明を次にしていきます。

「レターパックプラス」
レターパックプラスとは、切手不要で全国一律料金(520円)で配達状況を追跡し、対面で届けて受領印か署名をもらうサービスです。

この配達方法を利用する理由は、「区分・運送」が速達と同じく常に最優先で配達されるからです。

私は「レターパックプラス」をあまり利用していませんでした。

今回の記事で調べてみると料金が全国一律(520円)で配達状況を追跡してくれるため「料金は高めだが、受け取りの証明が出来るので良いサービスだな」と思いました。

さて、最後は「まとめ」です。

スポンサードリンク

年末に普通郵便を送りたい!【まとめ】

最後に、「年末に普通郵便の配達遅れがないようにする対策」についてまとめると「速達」、「一般書留・簡易書留・特定記録」、「レターパックプラス」のサービスを利用して最優先に配達してもらう方法や「普通郵便をポストではなく郵便局の窓口に出す」ということを年末に普通郵便の配達が遅れがないよう対策を取っていきましょう。

私は、お金がもったいないので年末に普通郵便の配達遅れがないようにポストではなく郵便局の窓口に出すようにしていきます。

皆さんも、お金と相談してサービスを利用するか郵便局に直接出すかを決めることをお勧めします。

ここまで読んでくれまして、ありがとうございます。