ハロウィンで見る「boo」の意味とは?もしかしておばけの言葉?

街がハロウィン一色になり始めると、よく目にする言葉がありませんか?

おばけのイラストと一緒に「boo」という言葉が書かれていますよね。

これまで私は「何だろう?」と疑問に感じながらも、特に調べることもなく過ごしてきました。

でも、それはもったいないと思ったので、調べてみました!

調べてみると、実はすでに目にしたり聞いたことのある言葉だったことが分かり、「そうだったんだ!」と私は納得しました。

知識として知っているのと、いないのとでは差がある言葉。
この機会に一緒に学んでみませんか?

他にもちょっとした豆知識情報も紹介します!
ぜひ、家族や友人など身近な人に披露してみてはいかがですか?

スポンサードリンク

ハロウィンの「Boo!」意味は、実はあの言葉だった!

実は、私たちはすでに「Boo」という言葉を目にしたり、聞いていることは知っていましたか?

野球やサッカーなどのスポーツ観戦で海外の方が親指を下に向けて「Boo!」と言っているのを目にしたことないですか?

そうです!
「Boo!」って実はbooingを縮めただけの言葉なんです。

ただ、booingを縮めた言葉と聞くと、その意味はネガティブなものだと思ってしまいますよね。

次は、「Boo」の日本語訳や使われる場面について紹介します。

「Boo!」はネガティブに使われない!?

「Boo」は日本語では、「わあ!」や「ばあ!」という意味になります。

つまり、驚かすときや威嚇するときに使われる言葉なんです。

なので、おばけのイラストと一緒に使われているということは、おばけが私たちを驚かそうとしているんですね!

そう考えると、なんだかかわいく思えてきてしまうのは私だけでしょうか?

ハロウィンの時におばけの仮装をして、「Boo!」と言って驚かしてみるのも楽しそうですね。

例えば、大人がおばけの仮装をして驚かしてみたり、「トリックオアトリート!」の代わりに言ってみるのもおもしろそうです。

ちょっと使える豆知識!

この「Boo!」を使ったある言葉を紹介したいと思います。

みなさんに思い出してほしいのが、「Boo!」という言葉を使う時と、日本語の意味です。

「Boo!」が驚かすときに使う言葉と説明しましたよね。

そして、日本語に訳すと「わあ!」や「ばあ!」となります。

特に注目してほしいのが、日本語訳です。

「ばあ!」という言葉をよく使う場面がありますよね?

使ったことのある人もいれば、使っている人を見たことがある人もいると思います。

お父さんやお母さんなど保護者の方が赤ちゃんをあやすときに使う「いないいないばあ」。

この「いないいないばあ」は海外でも使われている言葉なんですよ!

英語でいうと、「Peak a boo」です。

使う機会はないかもしれませんが、ちょっとした豆知識として周りの人に披露してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、尊敬のまなざしを向けられるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

ハロウィンで見る「boo」ってどんな意味?もしかしておばけの言葉!?【まとめ】

今回はハロウィンの季節になると見かける言葉の「boo」という言葉について紹介しました。
ここで振り返ってみましょう。

「Boo」とは、booingを縮めた言葉。

日本語に訳すと「わあ!」や「ばあ!」という意味で、驚かすときや威嚇するときに使われる言葉。

おばけのイラストと一緒に書かれているのは、おばけが人間を驚かそうとしているのを表現している。

日本で赤ちゃんをあやすときに使われる「いないいないばあ」を英語で言うと、「Peak a boo」になる。

私たちが普段何気なく楽しんでいるハロウィン。
そのハロウィンについての由来や歴史を知るだけでなく、こういった言葉からも学んでみるのも楽しいですね!

今年のハロウィンは仮装を楽しむだけでなく、ちょっとしたうんちくを披露してみるのもいいかもしれませんよ。