ひげそりの寿命の目安は?替え刃をすれば永久に使えるの?

ひげそりにはT字タイプと電動のタイプが大きく分けるとあります。

その中でもT字タイプのひげそりの場合は刃を取り換えることによって切れ味が復活し、また使えるようになることと思いますが、電動の場合はどこを目安に買い替えればよいのでしょう。


そういった疑問を持つことはあるのではないでしょうか。

日常の疑問に解説していきます。


ひげそりの寿命の目安

買い替えのタイミングというと様々な要因があるかと思いますので、詳しく見ていきましょう。

もちろん個人差もある事ですので、人によってはまだ使えると思っても気になる人にとっては買い替えだと思ってしまうケースもありますが、一般的なところを解説していきます。


・電池の持ちが悪くなった
・時たま動きが止まる
・刃を変えても切れ味が悪くなってきた
・水洗いしてもにおいが取れない


上記の場合には買い替えを検討されることをオススメします。

どうしても機械なので寿命があります。


ひげそりの寿命に明確な目安時期はない

その寿命はいつ頃かといった明確な時期はありませんが、使い方や重電の頻度、または機械なのでどうしても当たり外れが多少なりとも出てきてしまうのはしょうがないと言えるでしょう。

長く使っていると様々な不具合が出てくるものです。

ある意味一生使えるとか一生壊れない電気製品を作ってしまったら世の中の経済は回りませんから、どうしても何年かで不具合が生じてきます。

充電は満タンなのに時たま動きが止まってしまうことや、ブレブレになる事もありますが、その際は修理に出すか買い替えのタイミングです。


刃を変えても切れ味が悪い場合は変え時

修理費によっては買い替えの方がお得な場合もほとんどのケースで多いことでしょう。

刃を変えても切れ味が悪いケースも出てきます。

これについて、満タン充電をしたとしても徐々にバッテリーが弱っているので、動きの強さ自体が弱まっているのですね。

刃を変えたとしても、切れ味が悪い場合は寿命と思って良いでしょう。

ここまで来たらもう買い替えのタイミングを思って間違いありません。

それないひげそりをいつまでも使っていると日々ストレスを感じてしまいますしね。

最後は匂いです。

今では電動のひげそりでも水洗いが出来る物がほとんどとなりますが、何度洗っても匂いが取れなくなるそんなケースもあるのです。

そういった場合はどこかでカビが生えているか製品の劣化が考えられますので、買い替えても良い時期だと思います。



買い替えのタイミングは個人差が大きい

物持ちの非常に良い人と、すぐに買い替えてしまう人がいますが、買い替えのタイミングは限界が来ていても我慢をして使い続ける人もいますし、すぐに見切りをつけて買い替える人もいます。

結局は個人差が大きい物です。

ただ、一つの物を長く使えるに越したことはありません。

もちろん値段的にも高額な物は比較的長持ちをする確率が高いかもしれませんが、値段がそこまで高額な商品でなくても日々のお手入れで長持ちさせることは可能です。

一つの物を大切にし、長く使うといった、そういった気持ちは大切にしていきたい物ですね。




ひげそりの寿命【まとめ】

電化製品はどんな物でも必ず寿命があります。

ひげそりについていえば刃を取り換えるなどして長く使っていくことも可能となりますが、中のモータや様々な精密な部分はどうしても使っていくと劣化をしていく物です。

基本的には毎日のように使うものとなりますので使っている際に感じる違いを、自分なりに感じ取り、そういった状況に応じて買い替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

大切に使っていれば同じものでも長持ちを実現できるかもしれないので、必ず物は大切に使うことは忘れずにいたい事ですね。