シマリスを飼う際の初期費用は道具のメーカーなどによっても差がありますが、だいたい成体代を合わせて20000円~30000円かかると予想されます。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

維持費はそれ以外に餌代や、定期的な回し車や巣箱の交換代、エアコンの稼働代が含まれますが、月々の維持費は他の動物を飼うことを考えても比較的安価と言えるかと思います。


それ以外にもシマリスも病気をすることがありますので、病院にかかるための診察代などが必要な経費としてかかってきます。

今回は、シマリスを飼うための初期費用や維持費などの費用について、ご説明していきます!

スポンサードリンク



シマリスを飼う費用!何が必要で初期費用はいくら?

シマリスを迎える時の初期費用についてご紹介していきます。

中にはメーカーなどによって大幅に金額が異なることもあるので、参考程度にご覧ください。
・シマリス:約8000~10000円
・ケージ代:約7000~10000円
・巣箱:500~1500円
・餌箱:300~800円
・回し車:500~2000円
・床材:150~500円
・トイレ:500~1000円
・パネルヒーター:1500~6000円



パネルヒーターは季節にもよりますが、シマリスがベビーの場合には寒さや暑さには弱いため、季節が真夏である以外は用意しておいた方が良いかと思います。

そのため、初期費用はおおよそ20000円~30000円くらいになるかと予想出来ます。
巣箱や回し車、床材、トイレ、パネルヒーターはメーカーによって金額が大幅に違うので、注意しましょう。

スポンサードリンク



シマリスを飼っていく上で必要な餌代や維持費は?

初期費用についてはお伝えしましたが、餌代や維持費はどれくらいかかるのでしょう。

シマリスの餌代は、メーカーにもよりますがミックスフードで500円、ペレットで300円程度です。
それ以外にも小動物用のおやつや果物を与える場合は、その費用が掛かってきます。


また、シマリスは物をかじる動物ですので、餌箱や巣箱などをかじってしまうこともあるため、そちらもだめになった時に交換する形になります。

さらに、回し車も劣化していき、そのまま無理やり使用しているとシマリスがケガをしてしまうことがあるので、古くなったな、と思ったら交換してあげてください。



夏や冬は適温を保つためにエアコンを稼働させる必要が出てくるかと思いますが、24時間同じ温度でつけっぱなしにした場合の電気代は、地方にもよりますが300円程度と言われていますので、電気代を恐れずにしっかりと適温管理をしてあげてください。



シマリスの維持費は月によって大幅に変わってきますので、総合した金額は出せませんが、他の動物に比べるとあまり高くはないのかもしれません。



シマリスが病気になった!病院代の目安は?

シマリスはあまり維持費がかからないと言っても、動物ですので病気になることもあります。

シマリスは動物病院で「エキゾチックアニマル」を診察してくれる病院に行く必要があります。
病院によって値段が変わりますが、おおよそはこのようになっています。

・初診:500~2000円
・再診:500~1000円
・夜間診察時:3000~10000円
・抗生剤:500~1500円
・点眼薬:500~2000円
・爪切り:300~1000円
・歯切り:300~1000円
・消毒:300~1000円
・処方:300~1000円
・皮下補液:800~1000円
・栄養剤:500~1000円
・糞便検査:500~2000円
・尿検査:500~2000円
・エコー検査:1000~2500円
・麻酔:1500~5000円
・腫瘍除去手術:5000~40000円
・子宮蓄膿症手術:15000~50000円

詳しくはお近くの病院に問い合わせてみてくださいね。



シマリスを飼う費用は?初期費用と餌代、維持費について!【まとめ】

シマリスはまだポピュラーなペットではないので、受診できる病院は限られており、金額も安価な場所から高価な場所まで様々あります。


しかしペットを飼育する上で、病院受診は付き物と考える必要がありますので、自宅から近いところに信頼出来る動物病院を探しておくようにしましょう。

最近は昔に比べてペット保険もメジャーになってきましたが、シマリスの場合はそもそも入れるペット保険が少ないため、探すのが大変になります。


もし保険を検討していたけど見つからない、という場合は自分でコツコツ貯金をしておくほうが良いかと思います。