老神温泉の紅葉の時期はいつ?見頃とおすすめスポット5選を解説!

老神温泉がある利根沼田地区は昼と夜の寒暖差が大きく群馬県は、全国的に見ても日照時間も長いので、きれいな紅葉がみることができます。

そんな、老神温泉 おすすめ紅葉スポット5選と見ごろ時期をまとめてみまし。

スポンサードリンク

老神温泉の紅葉の時期とおすすめスポット5選

*吹割の滝

昭和11年に天然記念物および名勝に指定された吹割の滝は、高さ7メートル、幅30メートルのスケールで、水流が豪快に落下し飛散する姿から東洋のナイアガラと呼ばれています。

周辺に整備されている遊歩道から間近に渓谷美や激しい水流を見ることができます。

老神温泉で推薦する一番の紅葉スポットです。

紅葉見ごろ 10月下旬から11月上旬
詳細はこちら
https://www.city.numata.gunma.jp/kanko/fukiware/index.html

*玉原湿原

玉原湿原は、武尊山の山麓に広がる日本海型ブナ林に囲まれた湿原です。「小尾瀬(こおぜ)」とも呼ばれ、尾瀬より気軽に行けます。

湿原には木道が整備されており、色づいた草紅葉の中で、ブナの森の景色を眺めつつハイキングを楽しむことができます。1周して戻ってきても1時間程度です。気軽なハイキング紅葉スポットです。

紅葉見ごろ 10月中旬から10月下旬
詳細はこちら
https://www.numata-kankou.jp/activity/nature/tanbara_shitsugen/index.html

*迦葉山

赤、橙、黄と鮮やかです。天狗の霊峰と呼ばれ、登山道から登った別名天狗寺と言われる弥勒寺の歴史ある建物と美しく調和します。

紅葉見ごろ 10月下旬から11月上旬
詳細はこちら
https://www.numata-kankou.jp/activity/shrine-temple/kashozan/index.html

*尾瀬(尾瀬ヶ原)

何といっても周囲を2000メートル級の山々に囲まれた標高1400メートルの有名な湿原が尾瀬ヶ原です。

紅葉は9月中旬から9月下旬にかえて草原が金色に色づく、草紅葉から始まり、その後、木々に移っていきます。

気軽に紅葉とはいきませんが、しっかり準備して楽しく紅葉と美しい山岳美を見ながらのハイキングを楽しみましょう。

紅葉見ごろ 9月中旬から10月上旬
詳細はこちら
https://www.pref.gunma.jp/page/1218.html

*老神温泉渓谷

老神温泉のある片品渓谷は、知る人が知る紅葉の名所です。とくに老神温泉内の吊り橋から眺める紅葉は温泉街一の紅葉スポットです。紅葉の色鮮やかさと片品渓谷の渓谷美が見られます。

紅葉見ごろ 10月下旬から11月上旬
詳細はこちら
http://www.oigami.net/

老神温泉で紅葉露天がある宿

*伍楼閣

評価が高い、ハイクラスの宿。4つある露天風呂からは、まるで万華鏡のように、老神の紅葉をいろいろな角度からご覧いただけます。
詳細はこちら
http://www.gorokaku.com/

*もうひとつのふるさと 山口屋

片品渓谷沿いに佇む、天然温泉かけ流しの宿。露天風呂からは四季折々の雄大な山々が一望できます。
詳細はこちら
http://www.h-yamaguchiya.com/

*源泉湯の宿 紫翠亭

老神温泉入口のハイクラスの宿。庭園露天風呂からは、老神の赤、橙、黄に染まった山々と庭園の真っ赤な紅葉がご覧いただけます。
詳細はこちら
https://www.shisuitei.com/

紅葉耳より情報

関東の紅葉だと、まず名前があがるのが日光の紅葉ではないでしょうか。

ただし、紅葉シーズンになると「いろは坂」は大渋滞で朝に出て、紅葉スポットに到着したら夕方近くなんてよく聞く話です。

でも、群馬県側の老神温泉にいく、国道120号から金精峠を抜けるとすぐ戦場ヶ原に抜け、龍頭の滝、中禅寺湖に出られます。

老神温泉エリアの紅葉スポットをみてから、翌日は日光に向けて出発して、栃木方面から入ってくる大渋滞の人と逆の道で、快適に秋の日光も満喫できます。

スポンサードリンク

老神温泉の紅葉の時期はいつ?【まとめ】

老神温泉がある利根沼田地区は比較的高地なので、早い時期に山々が赤や黄色に染まります。

9月中旬の尾瀬ヶ原から始まり、11月中旬まで楽しむことができますので、老神温泉を基地に紅葉めぐりはいかがでしょうか。