ゴールデンレトリーバーは大型犬です。

大型犬の場合、小型犬よりも平均寿命は短い傾向にあると言われています。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

犬を飼うと、少しでも長く愛犬と一緒に暮らしたいと願うものですが、ゴールデンレトリーバーはどのくらい生きてくれるのでしょうか。


人間の年齢との比較や長寿の秘訣を探ってみましょう。

スポンサードリンク



ゴールデンレトリーバーの平均寿命

大型犬が10歳を超えたその日からの毎日は、「神様からの贈り物」だという言葉を目にしたことがあります。

つまり、10歳以上生きることはとても貴重なことなのですね。



ゴールデンレトリーバーの平均寿命は10〜12歳ほどだと言われています。
獣医学の進歩や飼い主さんの意識の向上などで、寿命は少しずつ延びてきているようです。

中には19歳まで生きたゴールデンレトリーバーもいると聞きますから、大切に管理してあげれば、神様はたくさんの贈り物をあなたのゴールデンにも届けてくれるかもしれません。



ゴールデンレトリーバーと人間の年齢比較

ゴールデンレトリーバーの年齢を人間に当てはめてみましょう。
左がゴールデンの年齢で、右が人間の年齢になります。



3ヶ月齢:4歳
6ヶ月齢:7〜8歳
1歳:15歳
2歳:23歳
3歳:28歳
4歳:33歳
5歳:40歳
6歳:47歳
7歳:54歳
8歳:61歳
9歳:68歳
10歳:75歳
11歳:82歳
12歳:89歳
13歳:96歳
14歳:113歳



小型犬は人間の4倍ほどの早さで年齢が進んでいくのに比べて、大型犬のゴールデンレトリーバーは7〜8倍になっています。



*なぜ大型犬は小型犬よりも短命なのか

これはまだ解明されていない部分も多いようですが、大型犬の方が小型犬よりも体に対して心臓が小さい傾向にあることなども要因の1つと考えられているようです。

小型犬よりも心臓にかかる負担が大きいようですね。

それにも関わらず、成長は小型犬よりも早いので、細胞分裂も活発になり、それによって病気が引き起こされるリスクも高くなります。



他にも遺伝子レベルで短命になりやすいことも考えられているようですが、最近では大型犬も寿命が延びつつあります。
平均寿命は目安の1つとして頭の片隅に留めておく程度で良いのではないかとも思います。

スポンサードリンク



ゴールデンレトリーバーの長寿の秘訣とは

愛犬の体質に合わせた良質なフードを与える、毎日の散歩や運動を欠かさないことはもちろんのこと、様々な工夫や対処でゴールデンの健康寿命を延ばし、長生きを目指しましょう!



*飼い主さんとのスキンシップが十分に取れる環境

ゴールデンレトリーバーは人間と常に共に行動することを求められて誕生した犬種だと言われています。

そのため、外飼いなどであまりコミュニケーションが取れない環境ではストレスが溜まりやすいようです。
外に出たがるなら、気候の良い時間だけ庭で遊ばせるのも良い方法ですが、基本的には室内で生活することをおすすめします。



*足腰の不具合が起きないような工夫を

近所のゴールデンレトリーバーでよく聞く話ですが、ボール遊びや散歩中に不意に出現した穴などに落ちて「ビッコを引く」ことがあるようです。


体が大きいので、つい無理をしたり、衝撃を感じたりすると足腰に影響を受けやすいようですね。

家の床を滑りにくいフローリングにする、マットを敷く、散歩中の周囲の環境に注意するなど、シニアになっても快適に動くことができるように配慮してあげられると良いでしょう。


マッサージなどでほぐしてあげるのはスキンシップにもなるし、体の様子を確認することもできるので効果的ですよ。



*去勢や避妊をしてガンのリスクを下げる

ゴールデンレトリーバーは腫瘍ができやすい傾向があると言われています。
その中で最も起こりやすいのが生殖器や乳腺のガンです。

生後初めての発情期が始まる前(4〜7ヶ月齢くらい)に去勢や避妊の手術を行うことで、ガンのリスクは6割近く抑えられるそうです。



病気以外にも、去勢や避妊のメリットはあります。

発情期になると、去勢や避妊をしていないオスとメスは必要以上に接触しようとお互いに近づいていくことがあり、飼い主さん同士が慌てて引き離す場面をよく見かけます。

普段は一緒に散歩ができる仲良しの犬でも、この時期だけは望まない妊娠を避けるため別々にしなくてはいけなくなります。



また、メスの匂いに敏感になるため、去勢していないオスはずっと周りの匂いを嗅ぎ続けたり、突然鼻鳴きしたり、いつもと違う行動をとるようになります。



その他、去勢していないオス同士が散歩中に出会うと、激しく吠え合うようなこともあるので注意が必要です。

近所であれば、この子はダメ、この子は大丈夫、と覚えられるので問題はほとんど起きませんが、ドッグランなどでは見知らぬ犬がたくさん集まるため離した途端にバトルが勃発することもあります。



去勢や避妊は強制ではないし、獣医さんによっては十分に成長してから行う方が良いという意見もあるので、どうするか迷った時は動物病院で相談してみてくださいね。



ゴールデンレトリーバーの年齢換算と平均寿命!【まとめ】

・ゴールデンレトリーバーの平均寿命は10〜12歳
・ゴールデンレトリーバーは人間の7〜8倍の早さで成長する
・長寿の秘訣は以下のとおり
・人間とコミュニケーションを取りやすい室内飼育
 ・足腰に負担のかからないケアや環境を整える
 ・去勢や避妊でガンのリスクを下げる



犬の寿命は、どんなに獣医学が進歩しても人間よりは短いものです。

でもその事実は「短い命でかわいそう」というものではなく、与えられた命を毎日大切に過ごすことの目安だと思います。


飼い主さんには人間として学校や仕事、子育てなどたくさんのやらなければいけなきことがありますが、ゴールデンレトリーバーを家に迎えたら、忙しい中でも少しの時間を愛犬のために使ってあげてもらえたらいいなぁと思います。

愛情は見えないものだと言われていますが、「自分の自由な時間をどれだけ誰かのために作ることができるか」で、愛情は測れるものだと聞いたことがあります。

あなたの大切な時間を、かわいいゴールデンのためにも使ってあげられると良いですね。