成人式は、懐かしの友達と再会することが出来、楽しい日になりますよね。

でも、そんな人ばかりではありません。



学生時代の頃にいじめにあっていた人や、友達がいない人にとっては、今更みんなと会いたくないと思ってもおかしくはありませんよね…

そうはいっても、親からしたら成人式には行ってほしいと思うのではないでしょうか。

今回は、成人式に友達がいない場合でも、独りぼっちでも行くべきかなどについてお話します。

スポンサーリンク




成人式に友達がいないこと…

成人式とは、元々
「大人になったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝い励ます」
というのが目的です。

しかし、成人式曰く、同窓会のような感じ…と言ったイメージが強いです。
本来であれば、成人式と同窓会なのですが、最近では、同窓会と二次会のような流れになって感じます。

ただ、よく見てみると、ひとりで真面目に出席している人もいるものです。
友達がいない、独りぼっちと言うのは恥ずかしいことではありません。
気にする必要はないんですよね…

そして、その後に行われるであろう同窓会や友達との会食については行かなければいけないということはありません。


独りぼっちでも成人式に行くか?行かないか?

結論から言うと、成人式には行った方がいいです。

嫌な思い出があった場合には、いい思い出に返ることが出来るチャンスです。

私の友人で、学生の頃にいじめにあっていて友達がいなかった人がいました。
しかし、成人式に出席した時には、あまり仲良くなかった人とも仲良くすることが出来、今でも親友のような存在になったという話もあります。

成人式を通して、友達になることもあるんですね。

スポンサーリンク




いじめなど嫌な思い出は過去のこと

過去に嫌な思い出がある人は、過去のことだと思って水に流してみましょう。

自分自身も成長していると思いますし、相手も同じように成長し、考え方やとらえ方などもいい方向に変わっているかもしれません。

若い頃の数年間というのは自分の努力と環境によって良くも悪くも大きく変化していくものです。
ダサかった友人がびっくりするほどカッコ良くなったり、その逆もありと…これは男女の出会いの中でよくあるような展開ですよね(笑)




親友って大事

大勢の友達よりも、1人の親友を大事にしようって言葉を聞くこともあると思います。

しかし、最近の世の中では、本当に親友と呼べる人がいるケースは残念ながら多くないようです。

私は、学生の頃、いじめにあっていて、常にボッチでした。
学校に行きたくありませんでしたが、親からは学校に行けと言われ、仕方なく学校に行っていました。

周りには、グループで固まって楽しそうにしている人たちばかり。
すごくうらやましかったです。

でも、その中には、同級生の中で入りやすいグループに入って、その場限りの交友関係で、 学年が変わるとまたグループも変わる、という繰り返しと言うケースも聞いたことがあります。

ボッチよりいいんですよね…

学生時代の時に仲が良かったお友達って、成人式で仲が良くても、結婚して子供が生まれた場合に離れていくことも多いと言われています。

夫婦で仲がいい交友関係が、長年続く関係なのかもしれませんね…

自分が本当に窮地に立った時に励ましてくれるような人が1人でもいるなら、すごくラッキーな事ですよね。

スポンサーリンク





いじめ被害や友達がいないが原因で、成人式に行きたくない場合【まとめ】

成人式に行くべきか、行かないほうがいいのかは賛否両論ですが、もし自分が成人式に行こうか悩んだときには、成人式の本来の意味を考えて、周囲に振り回されずに決断すると良いと思います。

ボッチであっても気にせずいればいいと思います。

一人でさみしい奴と思われても言わせておきましょう(笑)
そして、参加することで、もしかしたら変わることがあるかもしれませんよ。